みんなの自習室
当サイトのメイン掲示板よりピックアップしました。
また、一定件数を経過したスレッドはポイントのみの編集となりますので、書き込みして頂いた皆さん、どうか御了解願います。
●アロワナの食性についての推察

アロワナ
しゃくれ 投稿日:2002年10月16日<水>03時30分/25才

どうもこんにちは!今日は餌のことについて書きたいと思います。
よくいくSHOPの店長の話なんですが、今ワームやコウロギをアロワナの主食にしている人多いと思いますが<僕も>それは、かなりアロワナの臓器に将来的にわるいそうです。このよう餌は栄養ありすぎるみたいです。人間でゆうと肉の単食状態だそうです。店長さんがいうにわアロワナ業者の人が嘘ばっかりアクアリストに広め次々にアロワナの買い替えをねらってるそうです。水温の事もそうだとおもいます。わかってるとおもいますが高温<30度>飼育のことです。確かに餌はくいますが、高温すぎて水がパンク状態でろ過がぜんぜん追いつかないようです。それとアロワナの命も確実にちじめるそうです。鰓めくれもここからくるそうです。店長の勧めてくれた餌はズバリ餌金でした。一昔前のえさのような気がしますけど、やはり金魚がベストだそうです。金魚になんかを破壊する物質があるそうですが、コウロギとワームの単食よりはだんぜんましだといっていました。ワームとコウロギはおやつ程度でいいみたいですよ。なんか僕自身よくわかんないんですけど、もし何かありましたら返事おねがいします。

Res:林檎 題名:私なりに解析してみました 投稿日 : 2002年10月16日<水>13時40分/愛知県/男性/29才

しゃくれさんどーもどーも!
しゃくれさんがよくいくSHOPの店長さんの話を
私なりに(林檎味で)解析してみました(笑)
>今ワームやコウロギをアロワナの主食にしている人多いと思いますが<僕も>それは、かなりアロワナの臓器に将来的にわるいそうです。このよう餌は栄養ありすぎるみたいです。人間でゆうと肉の単食状態だそうです。
そぉ〜なんですか?初耳です(爆)
>店長さんがいうにわアロワナ業者の人が嘘ばっかりアクアリストに広め次々にアロワナの買い替えをねらってるそうです。水温の事もそうだとおもいます。
それを言ったら元も子もないような・・・汗
だってアロワナ業者の方(卸の方?)が直接アクワリストに
アドバイスする機会は少ないでしょうし、業者の方に
SHOPの人を入れたとすると店長さんもそのひとりでは?
アロワナ業者が全て私利私欲のためだけに営業されていると
思ったら悲しいと思います。気にしない気にしない!
>水温の事もそうだとおもいます。わかってるとおもいますが高温<30度>飼育のことです。確かに餌はくいますが、高温すぎて水がパンク状態でろ過がぜんぜん追いつかないようです。それとアロワナの命も確実にちじめるそうです。鰓めくれもここからくるそうです。
半分当たっているようで、半分違うような・・・汗
しかし店長さんはしゃくれさんに断言したのなら、
ちょっと強引な気がします。
>店長の勧めてくれた餌はズバリ餌金でした。一昔前のえさのような気がしますけど、やはり金魚がベストだそうです。金魚になんかを破壊する物質があるそうですが、コウロギとワームの単食よりはだんぜんましだといっていました。ワームとコウロギはおやつ程度でいいみたいですよ。
餌金・・・管理が大変ですよ!しかも主食を餌金にしたら
コストが間違いなく上がるような・・・量にもよりますが。
結局高く付きませんか?
本当にアロワナのことを考えるて餌を魚とするなら
毎日川などに野外採集に行くことを薦めます。
それなら店長さんの意見を尊重しつつお金も掛かりませんので!

なにぶん私もアロワナの寿命を全うさせたことが無いので
これが絶対という飼育方法は楽しみながら研究してます(笑)
むしろ永遠に答えは見つからないかも知れません。
たとえ失敗や間違った飼育だったとしてもそれを
含めて一度命を預かったアロワナの「私の飼育方法」だと
思っています。

気合い入りますよね〜?
私もいろいろな先輩方の意見を聞きながら自分の
飼育について常に考えてます。
一緒に頑張りましょうね〜!

ではでは!


Res:海月 投稿日 : 2002年10月16日<水>15時35分

一言だけ書きますね。
その店長の言う通りなら現地の魚は全て早死にですね。(爆)

http://www.cnet-sb.ne.jp/arowana/


Res:きらりきら@香川 題名:面白い話題ですね 投稿日 : 2002年10月16日<水>21時06分

林檎さん、海月さん、リプライ頂き感謝です.

シャクレさんの行きつけのお店はアロワナをどの程度専門的に取り組まれているのでしょうか?

たしかに、ワームを大量に単食させると固太りというか、鱗の1列と2列あたりに横なりの筋が出てきて、いかにも肥満といった感じにはなります.
しかし、その店長さんの言われるにはアロワナは魚食魚であり、昆虫食ではないと受け取れるのですが、野生のアロワナの内臓を解剖すると8割以上は昆虫です. 第一、アロワナの口の形は受け口で、目の位置を見て頂いても判るように水面の餌を採るように適応した構造になっていますので、当然、水面に落ちてきた餌(昆虫)を食べるように体が出来ていると思われます.
現地のファームでは、川から水を引き込んで、堰き止めた簡易プールで養殖しているスモールファームも多いのですが、そのプールには当然、川から小魚も大量に流れ込んで来ますが、アロワナは見向きもしません. 実際のファームの餌はゴキブリや蛙が主食のようですしね.

実際に、アロワナを飼育すれば判りますが、メダカやコアカを好んで食べるのは幼魚から若魚であり、成魚にコアカやメダカを与えても実に難儀そうな様子で食べます. はっきり言って下手糞ですよね. コアカを大量に入れてもなかなか減らないで、そのうち、イカリ虫にやられるというのがパターンではないでしょうか?

実際には、コアカメインとコオロギメインというより、食べうる、さまざまな餌を与えるべきだと思います.

水温に関しては、有る意味同感出来る点もあります. ただし、稚魚から幼魚にかけては、水温を上げて新陳代謝を促進し、少しでも大きく成長させたほうが、後の成長にも影響しますし、弱い時期を少しでも早く通過させるにも有効だと思います. 若魚から成魚に関しての温度は、好みでしょうね. 少しでも短期に大型化させたければ水温を上げて飼い、じっくり長い目で取り組み、繁殖も狙うのであれば、低めの水温で肥満させずに成長させることが大切だと思います.
ちなみに、30度でもバクテリアはパンクしませんし、そんな温度でパンクしないような、飼育魚に対して十分追いつく容量の濾過層を構築すべきだと思います.


Res:海月 投稿日 : 2002年10月16日<水>23時02分

生き物全体に言える事なのですが、目の前にあるモノが餌なのかどうかは経験によることが
多いのです。アロワナは口に合わず喉はかなり小さいので幼魚が食べることが出来る餌の
サイズはおのずと決まってきます。ばら撒き方の産卵方法を取る小魚は、生き残るために
かなりの数の卵を産卵しますので、その大きさと言い数と言い幼魚の初期飼料としては昆虫より
適していると思われます。そのため、アロワナの幼魚は小魚を餌として認識しているものと思われます。

また、水温ですがこれらの小魚の稚魚が生息する水域はそれほど深くないので、おのずと
アロワナの生息域も水面に近いものと思われます。そのため、水面に近いところでは日光により
水温も高くなっていることは明白です。水温が高いのは自然ではないと言うことは当てはまりません。
さらに幼魚を飼育すればわかりますが、25度程度の水温では動きも緩慢になり餌を捕食する量も
減ることが少なくありません。その昔は、他の熱帯魚と一緒に25度程度で幼魚を飼育していた方も
多かった(事実私もです)のですが、10年くらい前からだったと思いますが28度以上の飼育が
発育もよく推奨されるようになりました。これは温度による代謝と言うより給餌量が多くなったため
と言う理由もあると思われます。

http://www.cnet-sb.ne.jp/arowana/


Res:林檎 題名:想像してみる・・・私の大好きな行為です(爆) 投稿日 : 2002年10月17日<木>01時46分/愛知県/男性/29才

しゃくれさん、海月さんどーもどーも!
きらりきらさんお邪魔しま〜っす!

今回の登場人物の店長さんも含め
きらりきらさんや海月さんの話を
聞いて自然下や現地ファームで暮らすアジアを
想像してみると・・・(想像)
わくわくしませんか?・・・私だけ?(爆)

アロワナ飼育って本当にいい趣味ですよね〜!
・・・って私だけ?・・・(家族は無関心・汗)

なんだか纏まりませんが・・・

ではでは!(おいおい)


Res:しゃくれ 投稿日 : 2002年10月17日<木>05時08分/25才

みなさん どうもありがとうございます。僕自身まだ謎だらけなのでもう1度店長さんとはなしてきますね! また報告したいとおもいます



えさ2
しゃくれ 投稿日:2002年10月18日<金>12時52分/25才

話きいてきましたよ!みんなの意見えを店長さんに伝えたところ、ある点では彼も納得していました。しかしアロワナとゆうのは、魚であり爬中類ではありません。したがってアロワナが昆虫食だとゆう意見にはあまり納得していませんでした。たしかにアロワナは昆虫を好んでたべますが自然界で昆虫に毎日ありつけるでしょうか? かれらは水の中で生活しています、従って魚を捕食するのが自然のようにおもえてならないのです。たまたま木の枝などについている昆虫や、川におちた昆虫をみつけ彼らは食べているんじゃないいんでしょうか。僕の意見を言わせていただくと、僕たちアクアリストが彼らの食の好みをかえてしまったんだとおもいます。ワームについてもたしかにあれは見た目もおいしそうだし当然彼らは喜んでたべます。でも考えてください。自然界で1日ぼくたちがアロワナにあげているワームの量を彼らは捕まえることができるでしょうか?まずむりですね 虫は水の中には生息しないからです。そして彼らが食べいる魚も当然金魚でわないのでアロワナの体内を破壊する物質ははいっていないそうです。なぜ天然物は命がながいか? もちろん水槽とちがい広大な面積もあり水の変化もすくないです。アロワナに最適な環境だと思います。つぎにやはりえさですね、飼育者が大量のワームやコウロギをかれらにあたえすぎなようなきがします。アロワナをグルメにしてしまったいるということです。実際海月さんが魚をメインにすれば早死にだといっていましたが、僕は違うような気がします。ただ僕たちが、勝手にアロワナのメイン食をいろいろな理由で変えてしまったんだと思います例えばイカリムシや金魚の含まれる物質など
なかなか魚を大量に確保できない状況なのでどうしても金魚にたよってしまいますが、将来きん魚にかわる違うタイプの魚がでまわることを期待しています。実際店長宅で飼育されているアロワナもいま9歳でかなりいい感じです。いい感じとわ今流行りの背中から急にもりあがっているタイプではなく本来の現地のひとにこのまれる本場のアジアの体型でした。なにかの記事で日本にいるアジアは肥満過ぎてブサイクだなどというものを呼んだ記憶があります。やはりそれは、たんぱくのありすぎたコウロギやワームからだとおもいます。魚の命を考えればあたえすぎに注意したいものです。ぼくもそうでしたが多くの人がアロワナを短期間で早く大きくするという願望がつよすぎると思います。はやく大きくした個体はいずれなんらかの問題がでてくると確信しています。今日から僕は魚中心にえさえをあげワームやコーロギはおやつ程度そのたいろんなものを量を加減して与えたいとおもつています。意見ありましたらよろしくおねがいします>

Res:海月 投稿日 : 2002年10月18日<金>15時40分

しゃくれさんのお好きなように飼育なさってください。
あくまで趣味の世界の生き物ですので、他人の言うことに
したがって飼育する義務はありません。
自分の意志の趣くままに飼育すればよいと思います。
ただ、私の書き方が悪かったのか誤解は晴らしたいですね。
よく読んでもらえばわかると思いましたが、私は魚を食べるから
短命だなんて書いてはいません。私が聞いている話では、現地での
アロワナは昆虫を捕食していると聞いていましたので、しゃくれさんが
仰った昆虫を食べると短命になる、と言う言葉に掛けただけです。
ちなみに私が話を聞いた方は
プラタパットの編集長、山崎さん
ディナミカの販売担当、MR.jimmy

ショップオーナーでは
ラフレシアの福井さん
ポンティアナの坂本さん

まぁこんなとこですか。
私自身は餌について見聞きしてはいませんが、山崎さんや
MR.jimmyは直接見聞きしているようです。ですので又聞きには
なりますが、見聞きした本人から直接聞いている話なので
それほど間違ってはいないと思っています。

http://www.cnet-sb.ne.jp/arowana/


Res:天邪鬼 投稿日 : 2002年10月18日<金>18時20分

しゃくれさんはじめまして、

僕も海月さんが言われているように趣味の世界ですしアジアなどにとっては飼育者が神的存在になると思います。
その方その方の飼育スタイルでいいのではないかと思うのですが。
餌にしても仮に現地で食べている物をまったく同じには出来ないでしょうし日本では日本なりの餌で飼育していけば良いのではないかと思います。
只皆さんが口を揃えて言われるのは単食は避けてバランス良く色々な餌をあげた方が良いと言う事だと思います。
アジアアロワナが国内で飼育されるようになって(一般的に普及されるようになって)日が浅い現状でコオロギやワームを主食にした事により寿命が短くなったとはきちんとしたデーターが出ているのでしょうか?
そもそもアジアアロワナとは天然化で平均寿命で何年生きるのかわかっておられるのでしょうか?
皆さん現在試行錯誤されながら飼育をしておりようやく繁殖の声もあがりだした時点で色々決め付けるのはどうかと思います。
店長さんの個体が素晴らしいのはわかりますが僕は昆虫食主体で餌金を与えず育てている方でも素晴らしい個体に育てている方も知っておりますし金魚主体で綺麗に育ててる方も知っております。その辺決め付けるのは如何なものかと思います。

以前きらりきらさんとも話をしていた事なんですが背中の盛り上がった個体が好きな方もいればスマートな体型が好きな方もおられるでしょう。
また繁殖を狙っている方もおられるでしょうしその飼育スタイルで餌の与え方や量は変わってくるような気もします。
各々の飼育によって餌金主体の方や昆虫主体の方もおられると思います。
飼育者皆さんが出来る範囲で単食は避け色々な餌を与えていけばいいのではないかと思いますが。これは僕個人の意見です。


Res:海月 投稿日 : 2002年10月18日<金>20時16分

あくまで私見ですので全体論とは取らないでいただきたいと思います。

私は繁殖できることが魚の飼育上最高の状態だと思っています。
この見地から言わせてもらえば、アロワナ特にアジアにとって
最高の餌は虫でその他補助餌として爬虫類や魚類があると思います。
と言うのも、今まで過去何匹ものアロワナが飼育されていたか
数えることが出来ませんが、アジアでなくともシルバーでさえ
繁殖経験をお持ちの方が何人いたでしょうか?ところが、最近では
アジアでは繁殖までもいかないとしても、産卵は数多く聞かれるように
なりました。この原因は何なのでしょうか?飼育技術が上がった
とは言えないでしょう。だとすると、変わったのは餌の方では
ないでしょうか?以前では金魚は当たり前の餌で単食だけだった
方も多かったと思います。この状態で産卵がなく、現在のような
給餌状態では産卵する、、、この事が全てだと私は思います。

http://www.cnet-sb.ne.jp/arowana/


Res:林檎 題名:考えに考え・・・約3時間(苦笑) 投稿日 : 2002年10月19日<土>01時08分/愛知県/男性/29才

しゃくれさん、海月さん、天邪鬼さんどーもどーも!

正直このスレッドを拝見してから、このカキコに至るまで
約3時間を要しました。
(以下本音)
言いたいことは全て海月さんと天邪鬼さんが書かれてますし、
前回のスレッドに私も参加させて頂いてますので、
カキコしない訳にもいかないですし・・・(私のポリシー)
しかし、しゃくれさんのお気持ちも分かりますし・・・。
(本音終わり)

いずれにしても同じ趣味の疑問をいろんな角度から討論できる
この山陰龍魚会の掲示板は最高の場であると思います。
「趣味の世界」だけに皆さんそれぞれ「好み」「信念」を
強く持たれてらっしゃいます。いろんな意見を聞きながら
「私の趣味」を確立して行くものだと思いますよ。
自分の信念を貫き通せるのが趣味なのですから。
この世知辛い世の中で・・・(苦笑)

なにぶん実体験が少ないので私の意見は常にアロワナの
専門的なことはではありませんが、カキコせずには
いられない気持ちでしたので・・・。

相変わらず締まらないコメントですが・・・汗

ではでは!


Res:しゃくれ 題名:どうもすいません 投稿日 : 2002年10月19日<土>02時13分/25才

最初に海月さんすいません僕のかんちがいでした。重要な点を見落としていました。そしてみなさんいろいろ意見ありがとうございます。みなさんの意見は、とても根拠がありなっとくしています。僕自身素人でなんにもわからないくせに生意気な文を書いてしまい反省しています。なにしろ素人なもので頭がパニクッです。でも、1つ言えることわすごく勉強になりました。うれしいです”今僕も成長遅れのアロをかかえているんですが、はやく正常な大きさにしてあげたいですちなみに2歳オーバでまだ30センチ弱しかありません。そこで知識豊富なみなさんにおたずねしたいんですけど、どのぐらいの量で1日どれくらいなにをあたえれば正常な成長をとりもどせるでしょうか? もうしわけないのですが、少し知恵をかしてください。僕にとって最初のアジアなのでなにかと熱がはいりすぎてみなさもにたいへんご迷惑をかけていることを深くおわびします。よろしくお願いします。


Res:dragon7 題名: 投稿日 : 2002年10月19日<土>09時40分

しゃくれさん、こんにちは!
餌の量は一度3日以上抜いてから同じ餌を食べなくなるまで与えます。
例えばワームを与えて鰓からカスを出すようならそこまでです。
それまでに何匹食ったかを数えておけばその個体のワームに対する要求量がわかりますね。
20匹食ったのであれば8分目ということで15匹くらいまでにするのが懸命です。
私の紅龍は60cmありますがワームを一度に10〜12匹です。
それでも1匹しか食わない時もあります。そのときはもう与えません。
たまにコウロギを買ってきて与えます。クリルもたまに食います。
金魚もたまに食います。あとはザリガニ、カエルを与えますね。
トノサマカエルが一番の好物です(笑)
要は飼育者の勝手で、ストックの一番簡単なワームがメインの餌で、
それ以外は変化をつける為の餌です。

しゃくれさんが金魚をメインに与えるのはいいですが、大きくしたいのであれば金魚にこだわらず嗜好の良いものをたくさん食わせるのが一番ですよ。色々与えてみましょう。

http://www.clovernet.ne.jp/~dragon7/


Res:しゃくれ 題名:どうも 投稿日 : 2002年10月19日<土>09時59分/25才

DRAGON7さんどうもすいません。 いろいろこれから試してみたいとおもいます。お力感謝します。


Res:海月 投稿日 : 2002年10月19日<土>11時28分

下記の掲示板にてまったくしゃくれさんと同様の成長不良の
魚を飼育しているはいどさんと言う方が同じような質問を
していますので、参考になさったらよいと思います。

http://taka.m78.com/rafflesia_cgi/yybbs.cgi


Res:きらりきら@管理人 題名:昆虫食 投稿日 : 2002年10月20日<日>00時25分

皆さんから、有意義なリプライを頂けて感謝です。

さて、しゃくれさん。 自然界では飼育下のように充分に昆虫が水面に落ちてくる事は無いでしょう。
しかし、フライフッシィングでお判りのようにヤマメや岩魚などの昆虫メインの魚たちでも
あれだけのサイズに成長しますし、トラウトなど、アロワナ並みのサイズになりますよね?
熱帯雨林では、生息する昆虫の種類や量も日本とは比べ物にならないほど、多いです。
前文でも書きましたように、昆虫メインでも大型に成長は可能ですし、アロワナの姿形を
考えれば、そのほうか自然と思われます。

ただ、仰るように、餌の量は毎日、飼育下のようには摂取出来ないでしょうから、成長スピードは
かなり遅いものと思われます。 旅日記をお読み頂きたいですが、須磨水族園では
自家産の紅尾は6歳で、わずか45センチくらいですが、同様の餌やりで14歳くらいの個体は
70センチオーバーに到達しています。
その個体の素質もあることでしょうが、自然下で時間は掛かるものの餌の量は少なくても、
器さえ大きければ、大型魚に仕上げる事は私は可能だと思っています。
他にも70オーバー個体を飼育されている方も餌やりは数日に1回程度です。
餌の量も大切ですが、質も重要でしょうね。 自然下でのアロワナの餌の量は少ないでしょうが、
食べている種類のバリエーションは、飼育下では真似出来ないほど豊富でしょう。

しゃくれさん、すいませんとか、迷惑だとか謝られる必要は全くありませんよ。
面白い話題をフッて頂き、私は感謝しています。


Res:しゃくれ 題名:きらりきらさんへ 投稿日 : 2002年10月21日<月>00時21分/25才

きらりきらさんいつもやさしい返答ありがとうございます。実際僕は、シロートのアロワナ好きです、でも本当に心のそこから、彼らを大切に思っているんです。だから何か新しい情報が入ると、ビギナーだけに影響されてしまうんです。弟1に彼らの健康にかかわることですからね!今度家のアジアを絵付き掲示版にのせますのでひまがありましたら、見て下さい。これからもよろしくおねがいします。