今すぐkiss Me!
最近は、デジカメも普及してきて、カミさんが子供の行事に参加すると
銀塩カメラよりもデジカメ撮影者の方が増えていると聞いてます。

特に、ここ最近のデジタル一眼の進歩と低価格化は凄まじいものを
感じますよねー? 私も、そんなメーカーの思惑にはまって右往左往している
一人であります^^;

考えてみると、元々デジカメなんて、このサイトを立ち上げたから
使い始めたようなもので、最初の頃は銀塩カメラで撮影したプリントを
スキャナーで読み取って、載せてましたし、
それから暫くしてキヤノンの210万画素のコンパクトデジカメで撮影したものを
載せて、次はカシオの331万画素。これはレンズがF1.8と明るくて重宝してましたが
いきなり壊れてしまい、慌てて買ったニコンのクールピクス880が
中古のせいもあるのでしょうが、ピント拾うのに迷走するのが
イライラ来てるところにkiss Digitalが激安価格で登場し、私も
飛びつきました。 そして1年ちょっとの間にEOS 20DとkissDNが登場して
現在に至るわけですが、その影響か?以前から欲しかったEOS 10Dが
大変安価で中古市場に出回るようになり、それもGETしてしまいました。

元々私は、カメラマニアでは有りません。
10数年前に、ADAを中心に水草レイアウトコンテストが全国各地で
催され、私も参加したのですが、当時所有していたカメラは京セラの
SAMURAIでした。レンズ交換の無い一眼タイプでしたが、フイルムはハーフサイズで
マニュアルといえるほどの機能も無いため、レイアウトは頑張ったつもりでも
写真がダメダメで、どうにも水槽の様子を表現することが出来ず、友達は
鉄道ジャーナルの表紙を飾ったほどの写真の腕で、あっさりと優勝したりと
いうのを目の当たりにし、『やはり写真の技術が大切だ』と自分のレイアウトの
腕は省みず(笑)、キヤノンの入門機EOS1000Sを購入して、水槽を
撮影するようになりましたが、一眼レフを所有しているとはいえ、水槽以外は
殆ど撮影しませんでした。現像・プリント代が勿体無かったし(笑)
かくして、1000Sはカミさんが殆ど記録用に使用して、大切な行事のときだけ
私が三脚と望遠を使用するぐらいでした。

そんな感じですので、これから書く内容は、水槽撮影に限った内容であり、
基本的にkissD 10Dを中心とした撮影方法になります。
文中に出る専門用語とかは、各人でお調べください。
また、レベルがレベルなので、間違ったことも書くとは思いますが、
その時は優しく教えてくださいね?
足りないところはカメラマニアさんのサイトで情報収集願います。

とりあえず、kissDユーザーがたくさん増えてきて、これから一眼デジカメを
始められる方に参考にしていただければと思います。

2005,5,5 スタート
2005,5,7 更新

機材の紹介

レンズ選びと、その理由1

レンズ選びとその理由2

ノンストロボでの撮影

ストロボ撮影1

ストロボ撮影2

ストロボ撮影3

作例  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

レンズテスト

ひとまとめ

その他の設定について

画像の加工について